文京区の分煙や禁煙案内と禁煙治療

文京区は東京都内でも大学や高校などが多く、レベルの高い学校が多い傾向にあります。
都内や郊外、県外からも多くの児童や学生が文京区の学校に通学しています。
文京区の昼間の児童や学生の人口密度は非常に高い傾向にあります。
こうした学生や児童が多く集まる文京区では、子供たちの健康を守るために分煙や禁煙の案内掲示板などが積極的に建てられています。
こうした案内は民間のカフェやレストラン、商業施設でもたくさん見られるようになっています。
また文京区の内科クリニックや病院でも禁煙外来をはじえたという案内掲示板がよくかかげられています。
文京区は都内でも禁煙や分煙、健康意識の高いエリアであると言えます。
これは文京区の自治体や衛生局の啓蒙活動の賜物と言うことができるでしょう。
またブルーリボン運動などNPO法人の活動の成果であるとも言えます。
こうした禁煙や分煙に取り組む環境が自ずと喫煙者に禁煙を喚起する環境になっているのは言うまでもありません。
こうした環境下に置かれ、禁煙治療を始めてみようと考える大人も多く見られます。
しかし禁煙治療は辛く厳しいものであり、禁断症状に悩まされるのではないかと不安にかられる人も少なくありません。
しかし最近の禁煙治療は、禁断症状に配慮して徐々に禁煙できるように綿密に禁煙計画が立てられるようになっています。
禁煙外来でもいきなりタバコをやめるような指導は行われません。
最初はタバコの代わりに電子タバコを用いたり、徐々にニコチンガム、ニコチンパッチなどに移行し、無理のない程度の禁煙できるようになっています。
またメンタル面での指導も充実しており、タバコ以外での上手な気分のリフレッシュ法などを指導してくれるようになっています。