禁煙達成するまでのつらい要綱の内容

健康志向が高まることによって、これまで煙草を吸っていた喫煙者が煙草を吸う事態をやめる禁煙の流れができています。
しかし実際に禁煙を始めても失敗する人が多いのが現状であり、煙草にはニコチンが切れることによる神経抑制の反動による副作用と口に含む安心感という反動が原因が多いのです。
そのため実際に禁煙を成功することを意味する禁煙達成は困難を極めるものであり、本当に禁煙達成をしたいと願う場合には個人だけの努力だけではつらいと言えます。
そのため健康のために禁煙をする人のために、各自治体では禁煙達成を成功させるために禁煙達成要綱という形で助成する流れができています。
禁煙達成要綱を受けるためには禁煙宣言をした喫煙者で禁煙補助剤による禁煙を実施する被保険者と被扶養者そして任意継続被保険者が対象で、健康保険組合へ禁煙宣言書を作成して提出することで申請することができます。
その後禁煙開示日より2カ月間において、全国平均で5000円以上において禁煙補助剤を年度内1回の助成してくれるという仕組みになります。
この仕組みがあることによって禁煙の流れが促進されている背景ではありますが、しかしこの要綱には禁煙者にとってつらい部分もあります。
それは平均支給額は全国平均で5000円以上ですが、この禁煙補助剤の値段は平均価格で2000円から5000円となっているため一度で使い切ってしまうことになりさらに年度内1回の助成のためそれ以上の場合には自己負担ということになります。
そして禁煙補助剤の使用に関し譲渡や再販の行為が判明した場合には助成金の支払いを行わないことや助成金がすでに支払われている場合は返還請求がなされることがあるので実際の利用するとなると禁煙するために助成されると言ってもつらいルールがあるのです。